わかば質問箱

入信のきっかけ への2件のコメント

  1. 投稿No.94への返信 エリ・コウ 女性 50代

     私の入信のきっかけは、ひたしくおつき合い頂いているある御夫妻のお姿を見せて頂いてのことでした。ご夫妻とも非常によくできた方でお互いの存在を認め合い助け合って物事を進められておられ、私共も信頼し尊敬をしておつき合いをして頂いております。ある時さりげなくご主人が言われた一言でした。この人(奥様)の信心も素晴らしいですよ!!私はこの一言が心に残りました。こんな時私共家族に悩みがあり、神様に助けを求めていたところでした。この奥様にお願いし、連れて行ってもらったのが金光教であり、玉水教会でした。教会の門を初めてこぐった時、絶対ここで助けてもらえると思い、今もその心にいただいた強い気持ちを忘れず、信徒会にも入れて頂き日々足信心をさせて頂いております。

  2. 投稿No.94への返信 わたるちゃん 男性 60代

    私は、今は亡き母に連れられて、玉水教会にお参りさせて頂くようになって50年も過ぎていることに改めて気付きました。母の口癖は、金光様を放したらアカン!でした。何気ない会話でも、最後は必ず、金光様のお蔭話になるのです。金光様を信心していると、1+1=2ではない!若い頃はその話が嫌で、又か!と思っていましたが、今は素直に受け入れる事が出来ます。母は私に神徳を遺してくれました。2年前に人間ドッグで肺ガンを見つけてくれた病院は、母がお世話になったところで、手術を受けた所は、父がお世話になった病院でした。これは偶然ではないと思います。父が、母が、金光様からのメッセージを伝えてくれたのだと思います!そして二人の娘達も、遠方に嫁いでおりますが、帰ったら必ず、お教会でお取次を頂きます。母は自分がこんなに幸せなのは、金光様のお蔭!だと言っておりましたが、今私が、そう感じています。抽象的ですが、今思うと、あれもお蔭!これもお蔭!ということが一杯あります。こうして文章に書いていると改めてありがたいなぁ!と実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>