何にも知らない信者よりお尋ね

質問No.w14 何にも知らない信者 男性 70代

 これまでに何人かの信者仲間から訊かれたのですが、どれにも答えられず、我ながら呆れ返っております。この機会に是非、皆様からお知恵をお借りしたいと投稿させていただきます。1、金光教では信徒と教徒はどこが違うのですか。2、信徒から教徒になるには、どんな手続きが要るのですか。3、信徒でも、式場を使わせていただけるのでしょうか。4、信徒でも宅祭をお願いできるでしょうか。5、先祖の霊も、お教会に移されるのでしょうか。どうか宜しくお教えください。

カテゴリー: ★わかば質問箱★   パーマリンク

何にも知らない信者よりお尋ね への2件のコメント

  1. KK より:

    1.教徒は家の宗旨が金光教の方の事。(信心を継いでいなくても家が金光教であれば教徒です)
    信徒は、家の宗旨が金光教ではないけど金光教の信心をしている方の事です。
    2.毎回、霊祭前に改式行事があります。大先生に願い出て、家の宗旨を金光教にする。先祖の霊様を金光教式で祀ることになります。
    3.使う内容によりけりだと思います。大先生のお許しが頂ければ使うことが出来ると思います。
    4.宅祭でもいろいろありますが、大先生のお許しがあればできるものもあると思います。
    5.霊祭前に遷霊行事があります。その時に願い出ると教会の霊舎に祀っていただけます。教会に祀ったからといって、家の霊舎からいなくなるということはありません。

  2. 教師 より:

    2.毎年、霊祭前に家の宗旨を金光教に祀り替える改式行事があります。大先生に願い出て御先祖の霊様を遷して頂きます。
    4.宅祭でもいろいろありますが、大先生のお許しを頂いてください。
    5.改式をしていなくても(御先祖の霊を金光教式で祀ること)、願い出によって、霊様を個人霊として教会霊殿また家の霊舎にお祀りすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>